知的財産管理技能士は、略してIP技能士と呼ばれるケースもあるでしょう。3級から1級まである国家資格で、インターネットの普及により大きく取りざたされるようになった知的財産の創造・保護・活用を行う企業や団体、個人のための知的財産に関する能力を発揮した業務をする為に必要な資格です。知的財産とは、各種著作権や商標登録・特許・企業秘密など、全般的にふくまれているのです。商標や特許の申請や登録の手続き・管理を行ったり、その権利を保護させる為の業務などをおこなうでしょう。例としては、色んな商品を開発している企業などに所属し、あるいは、そのような企業から依頼を受け、新しい商品の名前を付けたり、新しい商品の発明に関する特許申請の際に、既にその商品名が使われていないか?同じようなものが特許申請されていないか?などを確認するところから始まって、問題がないのならその商品名を商標登録したり、特許申請する書類作成や手続きをおこなうでしょう。また、インターネットの普及によって、色々な分野で著作権侵害が行われているかもしれませんねが、もし、企業がそっぽいことをしてしまったりすると大きなイメージダウンだと言えるのではないでしょうか。その為に、商品ロゴや看板デザインひとつ取っても、どこかから流用したようなものが紛れ込んでいないか、慎重にチェックしなくてはなりません。知的財産管理技能士は、それらを判断する業務も行うことになります。商品開発を行っている様な企業や、多くのクリエイターを抱える企業や団体などが、その活躍の場かも知れませんねー